2006年10月01日

犬にキシリトールは危険!?

紅葉お知らせ紅葉

空知支庁主催●講演会
「犬の問題行動をふせぐために」
講師:内田佳子(酪農学園大学助教授)


10月15日(日)午後2時〜
空知支庁 4階講堂にて
(岩見沢市8条西5丁目)


今回から行政で開催が決定!
行政が重い腰を上げてくれた!!
この火を絶やさぬよう
たくさんの方にご参加いただきたいです


●誰でも気軽に無料で参加できます●
もちろん私も参加します


resucue[1].gif



ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)




甘味料キシリトール、

       犬には危険=米報告



[ニューヨーク 29日 ロイター] 
シュガーレスの菓子類に広く使用されている人工甘味料
キシリトールが、犬の肝臓に障害を起こす可能性があり、
場合によっては死に至らせる危険もあると、米国の獣医師らが
29日、米獣医学協会(AVMA)のジャーナルで警告した。
 この報告を受け、砂糖の代わりとして使用される
キシリトールと肝機能不全など犬の病気との関連を疑う声が
強まりそうだ。
 報告書を共同執筆したグワルトニー・ブラント氏によれば、
犬はキシリトールを少量でも摂取すると大量のインシュリンを
放出し、その結果血糖値が下がり、命に危険が生じるという。
 同氏は「体重10キロの犬が1グラムのキシリトールを消費
した場合でも治療が必要になる」としている。
ただ、キシリトールと肝臓への影響を結論付けるには
さらなる研究が必要だとも話した。





驚きですよね。
これはニューヨーク在住のお友達より届いた情報です。

すでにexciteニュースをご覧になっている方もいるかと思います。




DSC02981.JPG




実はこの情報をもらってタイムリーだ!とびっくりしたのです。
先日ななの病院に行った時、ダックスちゃんの避妊手術のため
来院していた飼い主さんとお話ししたのですが、なんとその
ダックスちゃんが以前キシリトール入りのお菓子を大量に食べて
死にそうになったと言うのです。
しかし最近、愛犬コジ・なな共にお世話になってますT先生が
診て助けてくれたので一命を取り留めたそうです。
数日間入院し点滴したの・・・犬にキシリトールはダメなんですって!
と、おっしゃるのです。


DSC01585.JPG



最近、犬の歯の事でいろいろ調べていて
「犬にキシリトールは無意味」と、書いている本などはありましたが
肝機能にダメージを与えるという発表は今回初めて聞き
早速、札幌の大きなペット用品が置いているショップに調査に
行ったのです。

すると、ご存知だろうがキシルトール配合の動物用の歯磨き粉や
お菓子が山ほど売られている。
中には表の袋には「キシリトール入り」と書いてなくても
原材料をよく見ると入っているものもある。




DSC02084.JPG





この話題に乗っかって以前から言いたかった事を書きます。

犬のお菓子には原材料が表示されていないものが多い。
疑問ではないですか?

ガラスのビンの中にガムやキレイなお菓子がたくさん入っている。
製造年月日も賞味期限もどこで製造されたかもわからない。

ケースの中に並んだそのショップで作っているらしい
犬用のお菓子やパン。
以前、同ショップにて当社の栄養士が子供も食べたがったら
食べさせて良いですか?
と、たずねたところ
「これは動物用ですので・・・」

???

パンが日持ちするのも疑問だ。
写真撮影をお願いしたが断られた。

その話しを聞いて我々は同じことを言った。

「作っていることろを公開できないのなら買いたくない!」



自慢じゃないですが当社のわんこクッキーははっきり言って
日持ちしません!
しかし、お客様のお子様のおやつにもなっています。

DSC03065.JPG





キシリトールについて
今のところネギ類のように少量でも絶対に与えてはいけないという
発表ではないものの、気を付けてあげたいものですね。




DSC02708.JPG





キシリトールについて調べていると、このような気になる記事が・・・!

キシリトールの原料が、パルプの廃液から作られる
詳細は右こちらから












ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

(固定リンク)

日本では、犬はペットショップでの店頭販売が主なので、
どんな繁殖がされているかとか、どんな親から生まれた子か
ほとんど知らずにみなさん犬を買います。
100匹を一人で飼育していたブリーダーが入院して、
悲惨な状態のわんちゃんたちが初めて発見されました。
救出されましたが、状態はひどく、頭数も物凄い数です。
多くの一般の方から、募金などもされていますが、
まだまだ不十分かと思います。
多くの目の方にとまれば、すこしでも多くの暖かい
支援の手が差し伸べられないかと思いました。
里親様、一時預かり、救援物資など募集されています。


ワンライフさんのHP
http://www.k4.dion.ne.jp/~wanlife/

繁殖場のレスキューレポート
http://blog.livedoor.jp/wanlife3/archives/50071043.html


cherio[1].jpg



▲チェリオさんの一時預かりの里親さんのブログ、ナルトとオレオのしあわせ探しへジャンプ!
▲「まあるくいきたい」ではポッキーくんを一時預かりしていらっしゃいます。

▲cherikoと愉快な仲間達♪さんの所でもハクちゃんとヨウ君の幸せな姿がみれますよ

ニックネーム わんこのきもち at 23:15| Comment(22) | TrackBack(0) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分のブログどおり、涙・涙で大興奮中のわっちさんですが、キシリトールの話題にびっくりです。
人間とは解毒の力が違う犬の食事原料には本当に気をつけないとだめですね。
Posted by わっちさん at 2006年10月01日 23:23
記事書いてくれてありがとうございましたー。ほんとにタイムリーでしたね♪うちのブログの最後に「お知らせ」として、追加リンクさせていただきましたよん。ますます食べさせるモノへの意識を高めた気がします。ぼーっとあげていてはダメなんですねぇ。最近はちゅーちゅーにほぼ買ったおやつは上げてませんね。勉強して、ちゅーちゅーでもたべれるオヤツにトライしてみようかな。
Posted by ちゅーちゅーの母 at 2006年10月02日 01:54
キシリトール怖いですね。
ぱっと見、良さそうな感じがして買ってみようかと思ったことがあったのですが買わなくて良かったです。
SAKICOさんのところのクッキーはネット販売はまだされていないのですか?
それと腎不全の子でも安心してあげられる低淡白のクッキーはありますか?
よかったら教えてくださいねv
Posted by 来夢 at 2006年10月02日 07:32
キシリトール・・・・危険ですね!!
キシリトール入りって書いてあるとなんかいいもののような気がしますよね。
うちも気を付けておやつ選びをしていこうと思いました。
確かに透明の瓶に沢山はいっているおやつって魅力的ですよね。いろんな色や形があって。

でも、すこしでも長生きしてほしいからなるべく体に良いものを与えていこうとおもいます♪
Posted by うず at 2006年10月02日 10:04
こわいですねぇ。
自分で食べるものを選択できないワンコには、
特に気をつけてあげないといけませんよね。

ヒトだって、自然からかけ離れたものを口にするのは
危険なことですから。
白砂糖が悪だと言われるけど、化学合成された
人口甘味料を摂取するよりは数段マシだと思います。

毎度のことですが、今回もとても勉強になりました(^_-)-☆
Posted by じゅりあ at 2006年10月02日 12:04
人が食べられて、わんこが食べられないものが
あるのはわかりますが(ネギなど)、
わんこがOKで人がダメなものはあまり
食べさせたくないですよね。。

わんこのパン。
私も疑問に思ってました!
なんか怖いから買わないでおいたのですが。。
ほんとに気をつけないとだめだなと
改めて思いました!
Posted by ジャスミン at 2006年10月02日 12:20
わっちさんへ
本当に驚きです。
禁忌が公になるのは良いことですよね。
今後も目を光らせていたいと思います。
Posted by SAKICO at 2006年10月02日 22:52
ちゅーちゅーの母さんへ
母さんの情報が裏付けになり、記事に出来てよかったです!
追加リンクありがとうございました〜♪
健康な子は多少売ってるお菓子を食べても良質な食事を
していれば排泄されるでしょうが、それでもよりよい
食材をあげたいですねよね。
ちゅーちゅーのおやつに納豆はいかがですか?
やはり、肝臓には大豆は良いようですよ!
Posted by SAKICO at 2006年10月02日 23:19
来夢さんへ
うちはキシリトール入りのお菓子食べさせた事ありますよー(怖)
今は手作りか野菜や納豆がおやつですね〜。
クッキーの件は来夢さんのブログにおじゃまして
回答させていただきました。
オーガニックですし、特におからクッキーは
カルシウム・ビタミンB1・B2・鉄を含み
肝機能や腎機能に良い影響を与えてくれます(@゚ー゚@)ノ
しかし、今後も勉強させていただきます。
お問い合わせありがとうございました。
Posted by SAKICO at 2006年10月02日 23:32
うずさんへ
ホント、ホントその通りですよね!
やっぱりごほうびはあげたいですしね♪
自然食材をおやつにしていれば間違いないと思います☆
りんごをほおおばっているうずらちゃんは生き生き
していました☆-(^ー'*)b
Posted by SAKICO at 2006年10月02日 23:43
じゅりあさんへ
ふむふむ。その考え方に賛成です('0')/
お菓子に甘味を加えるなら黒砂糖や蜂蜜で良いですよね。
オリゴ糖も良いですね!
同じ長生きでも元気で長生きしてもらいたいですものね♪
その点ジュリちゃんは疾患を抱えながら元気なのは
食事が良質だからですね♪
Posted by SAKICO at 2006年10月02日 23:53
ジャスミンさんへ
全くだ(`(エ)´)ノ
動物だからこそ良いものと悪いものは瞬時に身体に
影響するんでしょうね。
良いものを選択できる力をみんなで協力してつけていきましょうね。
今後も勉強させて下さい。
なんといってもカイくんの社会性のある姿が勉強になりまする。
Posted by SAKICO at 2006年10月03日 00:15
今日、お父さんがこの話題を「ラジオで聞いたよ」と言って、帰ってくるなり話してくれました。
びっくりですよねぇ。
人間の歯には良くても、わんこの肝機能には影響が出る。普段から人間の食事をそのままわんこに食べさせてはいけない、と聞いていましたが、改めて気をつけなくちゃと思いました。
Posted by ひちゃママ at 2006年10月03日 00:46
ひちゃママさんへ
本当にびっくりです。
まだ知らない人のためにショップさんは直ちに下げて
ほしいですよね。
摂取する量にもよると思いますが、大量に食べてしまうといった
事故が起こらないとも限らないですものね。
Posted by SAKICO at 2006年10月03日 10:55
はじめまして♪くらんと申します(*^。^*)
来夢さんの所から飛んでまいりました。
キシリトール、歯に良さそうなのに
わんこには危険と聞いてビックリしました。
ガムは歯に良いかな?と思って食べさせてますが
一口にガムと言っても
膨大な種類がありますもんね(^_^;)
しっかり情報収集して
おやつ選びも慎重にしたいですね。

家からもSAKICOさんのブログ
リンクさせて頂いても良いですか?
よろしくお願いします(*^_^*)
Posted by くらん at 2006年10月03日 13:40
ひえ〜。怖いよ〜。キシリトール。
メモしとかなきゃ!!
ウチのコがいた頃には、そんなおしゃれな(爆)ワンコ用食べ物はなかったですね〜。せいぜい缶詰がごちそう(爆)。
本当は、ママ(飼い主さん)の愛情たっぷりなコミュニケーションがごちそうかも〜。
Posted by 碧 at 2006年10月03日 19:33
くらんさんへ
いらっしゃいませ〜!
来夢さんのところからということは
お仲間ですね(*'ー'*)
励みになりとってもうれしいです♪
いやいや本当に
『キシリトール=歯に良い』
と思い込んでましたよねー。
選択は我々の役目だと改めて痛感しました。

リンクどんどんどーぞ(*゚∇^*)ノ~

Posted by SAKICO at 2006年10月03日 22:50
碧さんへ
そう言えば、うちの昔の外わんこもそのような
ステキなおやつは口にすることはなかったですね〜。
残飯で17年ほど生きてくれました。
缶詰といえばベディグリーチャムがCMでやってたなぁって
感じですよね。
あ・・・碧さんったら同年代!?
加工した食べ物には要注意ってこてですね(゚_゚i)
Posted by SAKICO at 2006年10月03日 23:11
キシリトールって白樺からとるんでしたっけ・・?
犬にはよくないんですね。知らなかったわ〜(−x−;)気をつけます。

犬のおやつやフードにはいろいろ不満や疑問があります。
でも、なにがいいのか、表示してあることが全てなのか、信じられるものなのか、実際よくわかりません。
信じられるところから買いたいですね。
Posted by mari at 2006年10月05日 23:11
mariさんへ
そうです白樺です。
おやつを含むペットフードには法的な決まりがないのが事実です。
どういうことかと言うと・・
つまり“なにが入っていても表示の義務がない”のです。
みんなで「今の消費者はごまかせない」
という姿勢を作りたいですね♪

Posted by SAKICO at 2006年10月06日 10:41
怖いですね、キシリトールですか。これからはおやつにも気をつけなくちゃいけませんね。勉強になりました。ありがとうございます。皆さん。。。これからはもっと気をつけたいものですね。
Posted by MIYUKI at 2006年10月13日 19:25
MIYUKIさんへ
はじめまして!
本当に怖いですよね。
人間も柔便になる場合があので、わんこにはかなりの
影響力があるのですね。。
知らずに与えている飼い主さんが安易な場所にキシリトール入りの
おやつやわんこ用歯磨き粉を置かない事を願います!!
Posted by SAKICO at 2006年10月13日 20:55
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/484538
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック